同好会について

群馬県野生きのこ同好会は、群馬県内に発生・分布する野生きのこに親しみ、群馬の自然をより深く理解するための調査研究等を通じて、知識の向上と会員相互の親睦をはかることを目的としています。
1990年設立、現在設立26年目となります。会員数は80名弱です。
2010年には20周年を迎え、記念Tシャツを作成しました。

★ 同好会会則

主な活動

  • 野生きのこ採集会および鑑定会の実施
  • 野生きのこ等に関する講習会、講演会の開催
  • 野生きのこの発生・分布、目録の作成

出版物

↓ それぞれクリックで拡大 ↓
群馬のきのこ上巻 群馬のきのこ下巻
「群馬のきのこ」上巻(2001)・下巻(2002) 各1,500円
群馬県野生きのこ同好会編集
上毛新聞社発行

群馬県野生きのこ同好会の会報「もたせ」

もたせ 現在11号まで発行しています。

内容は、きのこに関する記事(ジャンル問わず)、前年度採集会で採集したきのこリスト、総会報告、決算・予算報告です。

もたせ創刊号
もたせ創刊号

もたせ最新号
もたせ9号

「もたせ」とは、ナラタケをあらわす方言で、群馬で親しまれ、よく食べられているきのこです。

inserted by FC2 system